• 9月15日 10:30〜

    「未来の先生展」

    明治大学リバティータワーで開催!

    教育とEducation

  • グローバル化時代に生徒・保護者

    教育関係者が知るべき

    これからの進路選択

  • 現時点

    文科省は、グローバル人材育成の観点から、国際バカロレア(IB)の普及・拡大を推進しています。

     

    従来の偏差値型から、多様な価値観の中で、従来の偏差値重視の進路選択から、幅の広い選択が可能となってきています。

    変化の兆し

    グローバル進学を視野に入れた改革を行う中学校、高等学校も多く出てきました。


    今後はアジアを中心とした全寮型のボーディングスクールへや、インターナショナルスクールも増えていくと考えられています。

    不確実性のなかで進路を選ぶ

    VUCA(変動性・不確実性・複雑性・曖昧性・不明確さ)と呼ばれる時代を生き抜くため、生徒・保護者と私たち教育関係者が構築すべき教育や進路選択はどのようなものになっていくでしょうか。

     

    皆さんと一緒に議論したいと思います。

  • Tatsuya Tusbuki

    津吹 達也

    千代田インターナショナルスクール東京 
    学園長補佐

    大学卒業後、大手メーカーに勤務し、海外営業を歴任し、国立大学法人京都工芸繊維大学(元・特任准教授)に就任。

     

    2008年からは、立教大学にて産学連携プログラムの開発と授業を非常勤講師として担当。

     

    グロービス経営大学院にて2012年MBA修得。

    その後、ベンチャー企業、IT企業の海外進出マーケティング等を歴任。

     

    2019年より千代田インターナショナルスクール東京 学園長補佐に就任。

  • Nagatoshi Yasui

    安居 長敏

    ドルトン東京学園参事(副校長補佐)

    アミークス国際学園 顧問

    1959年滋賀県生まれ

    大学卒業後、滋賀女子高等学校で自立に向けた心の教育や海外姉妹校交流、教育のグローバル化を推進。

     

    42歳の時、20年間の教員生活から転身、コミュニティFMを2局設立、パソコンサポート事業を個人起業した。

     

    2006年再び学校現場へ戻り、滋賀学園中学・高等学校に赴任、学校改革を推進し

    2013年から校長として、Project-based English Program、企業や地域と連携したPBL×ICT教育を展開。

     

    2017年 アミークス国際学園・学園長、沖縄アミークスインターナショナル小中学校長に就任。沖縄で英語イマージョン教育を土台に Creative Thinker・Independent Learner・Risk Taker を育成。


    2019年 ドルトン東京学園の開校にあわせ、現職就任。

  • Takashi Fukuda

    福田

    株式会社電通

    「教育ガラガラポン」プロジェクト代表

     

    第3統合ソリューション局

    クリエーティブ・ディレクター

    ブランド・コンサルタント

    1972年生まれ 開成高校、東京大学を経て

    1996年株式会社電通に入社。

     

    マーケティング4年、クリエーティブ10年、プロモーション8年、統合2年と広告・コミュニケーション制作に関わるあらゆる手口を「ブランド」の考え方で結びつけて仕事をしている。

     

    カンヌライオンズクリエーティブフェスティバル2015

    プロモ&アクティベーション部門審査員を歴任。

    カンヌでの審査員の経験などから、海外の問題意識の持ち方や、その解決のためのアイデア作りなど、日本の型にはまった力の出し方とは異なる発想に興味を持ち、その源泉である教育研究にたどり着く。

     

    昨今の教育のグローバル化、教育者主導から学習者主導への大きな変化に飛び込むために、2019年「教育ガラガラポン」プロジェクトを立ち上げ、初年度はインターナショナルスクールを中心にプロジェクトを進行中。

     

    丸の内ブランドフォーラムメンバーでもある。

  • お申込み

    本イベントは「未来の先生展」で開催されます。

    参加希望の方は、こちらからご連絡ください。

    *「未来の先生展」は、別途入場券が必要です。